花*cafe

Top

幻の花・シチダンカ

江戸時代、シーボルトが「日本植物誌」にこの花を紹介して以来、ず~~と誰の目にも触れることがなく、探し続けられ、ついに1959年に六甲山で偶然発見されたそうです。
それで幻のアジサイと言われたらしいです。

今は栽培種として園芸店に出ています。
私は花好きな方より一枝頂いて、挿し木をして花を楽しんでいます。
普通のアジサイより早く咲き、何と言っても楚々と咲く様子は、「まぼろし」と言う言葉がピッタリ。
b0085917_21294816.jpg
b0085917_21302153.jpg
b0085917_12505966.jpg

[PR]
by mayukuro-hana | 2006-06-07 12:20 | 初夏の頃